• トップ
  • >
  • テスト対策
  • >
  • 勉強きらいを好きに変える成功体験~なんの……
  • 2018年08月23日 00時00分
    カテゴリー:テスト対策

    勉強きらいを好きに変える成功体験~なんのために?~

    個人塾には様々な生徒が通ってきます。部活に打ち込んでいる、将来のためにレッスンに通っている、勉強きらい、反抗期まっさかり、不登校の子、発達障害を持った子、それぞれに個性を持っています

    勉強が好きとはどういうことか

    どの子にも「勉強するということが好きになってほしい」と思います。では、勉強好きってどういうことでしょうか?勉強好きといってもゲームや芸能人がすき、のような「好き」とは違います。

    ゲームをするのも、芸能人がすきなのも、ただ好きだからやるだけ。それが出来れば満足します。ゲームがクリアできなくても、嫌いにならないですよね?やること自体が楽しい、好き。でも勉強好きというのは違います。

    もちろん、勉強そのものをやりたい子もいるかもしれません。「解けなかった問題が解けて嬉しい」というように勉強そのものを求める時もあると思います。小学校低学年の多くはこういった時期かもしれません。

    しかし、中学校くらいになって「勉強好き」「勉強やる」という子の多くの場合は勉強そのものが好きなのではなく、その先に繋がっているものを求めて勉強しています。

    勉強きらいを好きに変える目的と目標の違い

    勉強の先に繋がるもの、それは目的目標です。これが、子どもが勉強好きになるひとつめの条件「勉強する理由」です。よく、目的と目標を混同して考えてしまう人がいますが、目的と目標は全然違うものです。

    目的とは、「なんのために勉強するのか?」

    目標とは、「勉強して何を得るのか?」

    子どもとの会話の中でよく話されるのは「目標」です。

    ☑志望校に合格する

    ☑内申点(通知表)をあげる

    ☑定期テストで90点以上取る

    これらは目標で、明確に得られるもの(ゴール)が決まっています。また、期日が決まっているものが多く、達成したかどうか?成功か失敗か、がハッキリと分かります。どちらかといえば、短期的なものです。

    では、その目標はなぜやるのか?

    それは、目的に近づくためです。

    目的は「家族のため」「日本をよりよくするため」など、明確なゴールがありません。達成したかどうか、成功か失敗かではなく、以前よりも進んだかどうか?よりよくなったかどうか?で判断します。

    目的は人生の方向性を示す道しるべであり、向かう先を示す矢印のようなもの。長期的に続きます。目的を持っていれば、一度や二度の目標達成に失敗したところで、やる気がなくなったり、必要以上に落ち込んだり、オロオロすることはなくなります。

    たとえば仕事で「この契約を取る」「原稿を書き上げる」「新規企画を立ち上げる」「今月中に売上目標を達成する」など目標があると思います。成功か失敗したか、出来たか出来なかったか、明確です。

    もちろん、いつもすべて達成することは不可能ですよね。このときに失敗していつまでも落ち込んで、徐々にやる気を失う人は目的を持っていないからです。逆に、失敗しても「また次頑張ろう!」と切り替えて、やる気を常に持って取り組んでいる人は目的を認識しているからです。

    大人が目的を持って接しましょう

    でも、こういった勉強する目的を小中学生のうちに見つけるのは難しいでしょう。本当に勉強する目的を見つけるのは大人になってからではないでしょうか。ですから、私たち大人がしっかりと目的を見極めたうえで方向性を見失わないようにする必要があります。

    受験に失敗するかもしれません、漢検や英検などの検定試験に落ちることもあるでしょう。定期テストも目標を達成できない時もあります。

    このときに、目標ばかり追いかけていると、受験に失敗しただけでこの世の終わりのように感じてしまうことがあります。「受験に費やした時間はなんだったの?」「時間もお金も努力も無駄になってしまった」など、親御さんが負う思ってしまうと子どもも同じように落ち込んでしまいます。

    受験だけでなく、定期テストの点数だけに一喜一憂してしまうと結果だけを重視されていると感じた子どもは勉強が嫌いになってしまいます。

    点数はその時の平均点が下がれば下がります。難易度が変わることもあります。受験もそんなに落ち込むことはありません。受験に失敗して落ち込むなとはいいませんが、この目標が達成できなくても目的、目指す道のりを意識していれば困ることはありません。

    周りの大人が子どもの将来まで考えていたら、定期テストの点数や受験に振り回されることはありません。受験が終わってからのほうが人生長いのです。周りの大人がきちんと目的をもって見てあげましょう。

    だから、結果ではなく過程。テストにどんなふうに取り組んだか?を重視してみてあげてください。

    藤沢みらい塾塾長山田勉

     

     

    速読について

    当塾の特徴

    当塾の特徴

    いま間違えるということを極端に恐れているお子様が増えています。
    しかし、間違えなければ理解を深めることはできません。

    どんどん間違えてほしい。だからこそ、本音で話せるような環境と生徒との距離感を大事にしています。

    そして、成績を上げることで「自分もできる!」と感じ、自信を持ってほしいと思っています。

    忙しいお母さんに大好評

    お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせはこちら ラインでもご質問受け付け中

    塾生専用

    自宅学習用ログイン画面は こちらをクリック

    自宅学習用ログイン

    理科・社会はこちらをクリック

    理科・社会はこちらをクリック
    2012年度 日本e-Learning大賞

    人気記事

    新着記事

    カテゴリー
    勉強用語集
    うちの子にあうかな? 限定特別クーポン

    Copyright © 2016 藤沢みらい塾 All Rights Reserved.