• トップ
  • >
  • 勉強しない
  • >
  • 小学生が自分から勉強するようになる3つの……
  • 2018年11月02日 06時47分
    カテゴリー:勉強しない

    小学生が自分から勉強するようになる3つのポイント

    こんにちは。

    藤沢みらい塾の山田です。

    前回の記事では、小学生が勉強習慣を身につける方法についてご紹介しました。
    前回の記事はこちら「小学生のための勉強習慣を身に着ける方法」

    さて、さらに勉強する習慣をつけたらさらに一歩進んで「自分から勉強できるようになる」というのが目標となります。もちろん、急激に頑張りすぎたり、怒っても勉強きらいになってしまいます。

    小学生が自分から勉強できるようになるためのポイントをご紹介します。

    自分から勉強するようになるポイント①勉強の量を区切る

    勉強習慣を身に着けるために前回の記事でも「いつ宿題をやるか決めましょう」とお伝えしました。お風呂の前なのか、帰ってすぐなのか、ざっくりでもいいです。さらに勉強する量を時間で区切ってみましょう。

    はじめは「え?それだけ?」というくらいの時間から続けてみることをおススメします。

    勉強時間の目安基本コース 5分×学年

    ・1年生→5分

    ・2年生→10分

    ・3年生→15分

    ・4年生→20分

    ・5年生→25分

    ・6年生→30分

    きっちりやりたい!という場合は10分×学年をおススメします。

    ・1年生→10分

    ・2年生→20分

    ・3年生→30分

    ・4年生→40分

    ・5年生→50分

    ・6年生→60分

    「きっちりコースでも、これだけ!?」と思うかもしれません。確かに学校の授業より短いですよね。でも、20分なら20分間しっかり集中することが大事です。ノートに落書きしたりぼんやりせずに、集中するというのは意外と難しかったりしますよ。

    ぜひ、始めてみてください。

    自分から勉強するようになるポイント②正しい生活リズム

    まずは正しい生活リズムを身に着けるようにしましょう。起きる時間、食事の時間、寝る時間を決めます。学校がある日は大丈夫だと思うのですが、休みの日も同じようにしましょう。

    食事の時間が難しくても、「起きる時間」と「寝る時間」だけでも守れば生活リズムが整います。同じリズムで生活したほうがからも楽になります。

    前回の記事でもご紹介しましたが、勉強をやるタイミングも生活リズムに組み込んで決まった時間にやるといいですね。

    そうすると「気づいたら時間がない!」を防げるようになります。

    自分から勉強するようになるポイント③ルールをつくる

    あれダメ、これダメというルールを大人が言っても子どもは聞きません。押し付けられるのは誰でもいやですよね。ルールは子ども自身に決めてもらいましょう。

    ルールは自分に合わせて変えてOkです!まずは2つで良いので生活リズムを守るためのルールを決めてみましょう。さらに、ルールを作ったらどうしてそのルールにしたのか理由を聞いてあげてください。

    例)勉強するときはテレビを消す→理由:集中するため

    例)おやつの前に宿題をやる→理由:ご褒美があるとがんばれるから

    ぜひ1つ1つやってみてください

     

    藤沢みらい塾 山田勉

     

     

    速読について

    当塾の特徴

    当塾の特徴

    いま間違えるということを極端に恐れているお子様が増えています。
    しかし、間違えなければ理解を深めることはできません。

    どんどん間違えてほしい。だからこそ、本音で話せるような環境と生徒との距離感を大事にしています。

    そして、成績を上げることで「自分もできる!」と感じ、自信を持ってほしいと思っています。

    忙しいお母さんに大好評

    お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせはこちら ラインでもご質問受け付け中

    塾生専用

    自宅学習用ログイン画面は こちらをクリック

    自宅学習用ログイン

    理科・社会はこちらをクリック

    理科・社会はこちらをクリック
    2012年度 日本e-Learning大賞

    人気記事

    新着記事

    カテゴリー
    勉強用語集
    うちの子にあうかな? 限定特別クーポン

    Copyright © 2016 藤沢みらい塾 All Rights Reserved.