• トップ
  • >
  • よくある「苦手」の解決方法
  • >
  • 苦手を克服!「漢字が覚えられない、読めな……
  • 2017年03月24日 20時44分
    カテゴリー:よくある「苦手」の解決方法

    苦手を克服!「漢字が覚えられない、読めない」の解決勉強法

     

    「え?こんなに漢字かけないの?」

    「え??こんなに書いているのになんで覚えられないの???」

     

    親御さんから見ると、びっくりすることもあるかもしれません。

     

    「だって、漢字なんて書いて覚えるしかないんじゃない???」と思って何度もお家で書くように勉強を見てあげていても・・・覚えない。書けない。読めない。テストでは毎回間違える。

     

    これは焦りますよね。

    小学校3年生くらいから少しずつ出てくる学習のつまずき。小学校のつまずきが中学校になって深刻な状態になることがあります。今日は「漢字が覚えられない、読めない」の対応策についてご紹介します。

    漢字の苦手を放っておくとどうなる?

    漢字が増えてくると覚えきれなくなり、苦手意識があるので初めて見る漢字も頭に入ってこなくなります。

    すると、漢字を使うことを面倒に思うようになり、語彙力がつかず平仮名ばかりを使うようになり・・・どんどん負のループにはまっていきます。

    また、テストでは漢字問題でミスをするので、点数が伸びません。すると、せっかく読解力があっても「自分は国語が苦手なんだ」と思い込んでしまうことになります。

     

    漢字を覚えるにはコツがある

    小学校6年間で習う漢字は、1006字。

    かなりの数ですよね。

    全部を正しく覚えるには、もともとの能力とか、才能とか、向き不向きとか、難しく考えなくても大丈夫です。

    とはいえ、1006字。一点一画間違えると意味が変わったりしてしまうこともあるので、正確に覚えなくてはいけません。

    だから、覚えるにはそれなりにコツが必要です。

    (^^)

    今日は漢字が覚えられない原因と解決のコツをお伝えしますね。

     

    漢字が苦手になる2つの原因

    原因その1)漢字を記号と思っている

    漢字を「ただの記号」と思っていることが大きな原因の1つです。

    ひたすら書いて覚えようと思っても、
    ただの記号で、
    しかも複雑、
    さらに書き順があり、
    読み方がいっぱいある・・・・・そんなのが1006字。

    これは頭に入りませんよね。

    さらに漢字の成り立ちや背景を理解していないので、覚えてもすぐ忘れてしまいます。

     

    原因その2)「面白くない」「難しい」という思い込み

    漢字は面白くない
    難しい

    こういった思い込みが強いと、テストのため、宿題をこなすための漢字学習となってしまいます。そうすると自分から新しい漢字を覚えようという意欲がなくなってしまいます。

     

    こうやって2つの原因を見ると「面白くない」という思い込みが大きいですね。

    そうなると解決方法は「面白い」と思えるかどうか?がカギとなります。

     

    漢字を覚える3つのコツ

    漢字を覚えるコツその1)漢字を部首とそれ以外に分けてみる

    漢字全体の70~80%は「形声文字」です。「形声文字」とは、意味をあらわす部分(部首)と音を表す部分(部首以外)で出来ています。

    まずは漢字は部首とそれ以外のパーツに分けてみましょう。

     

    漢字を覚えるコツその2)部首から「意味」、部首以外から「音読み」を知る

    漢字の意味を知るには、「部首」に注目します。

    なのでまずは部首の成り立ちと意味を知りましょう。

    部首で押さえておきたいのは「部首の種類」です。

    (出典:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%83%A8%E9%A6%96&ei=UTF-8)

    そして、意味ですね。

    部首の成り立ちなど意味を知りましょう。部首の成り立ちを絵で見ると子どもは頭に入ってきます。

    アニメーションで見れるサイトもありますよ!

    部首の成り立ちアニメの部屋より

    http://www.kanji-anime.sakura.ne.jp/busyu/kannmuri.htm

     

    漢字の音(読み)を知るには部首以外の部分に注目します。

    こうやって部品ごとにわければ隠れたヒントが見えてきて覚えるのもスムーズになります。

     

    漢字を覚えるコツその3)ゲーム感覚で

    漢字を使ってゲームをしてもいいですね。しりとりとかと同じ感覚で親御さんが遊んであげればお子様は大喜びです。

    難しいゲームでなくても、「魚」がつく漢字、とかでもいいですね。そういったカードゲームなどもありますので、ぜひ探してみてください(^◇^)

     

    いかがだったでしょうか?

    大人も記号を1006個覚えましょうと言われるとげんなりしますよね笑

    ぜひ、意味があることを伝えてみてください。お子様はぐんぐん吸収しますよ

     

    では、もう少し具体的にお子様の特性にあわせた漢字の習得方法をごします。お子様の特性とは性格というより、「脳のワーキングメモリ」の特性ということです。漢字が苦手という原因が脳のワーキングメモリだとしたら、こちらの方法も参考にしてください。

    漢字が読めない書けないのワーキングメモリ別、学習方法

    お子様の脳の特性はどのタイプなのか?を確認しましょう。そのうえで、学習方法が変わってきます。

    参考記事はこちら「勉強できないの隠れた原因ワーキングメモリ」

     

    執筆者:藤沢みらい塾 塾長 山田勉

    藤沢みらい塾公式HP http://fujisawajyuku.jp

     

     

    速読について

    当塾の特徴

    当塾の特徴

    いま間違えるということを極端に恐れているお子様が増えています。
    しかし、間違えなければ理解を深めることはできません。

    どんどん間違えてほしい。だからこそ、本音で話せるような環境と生徒との距離感を大事にしています。

    そして、成績を上げることで「自分もできる!」と感じ、自信を持ってほしいと思っています。

    忙しいお母さんに大好評

    お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせはこちら ラインでもご質問受け付け中

    塾生専用

    自宅学習用ログイン画面は こちらをクリック

    自宅学習用ログイン

    理科・社会はこちらをクリック

    理科・社会はこちらをクリック
    2012年度 日本e-Learning大賞

    人気記事

    新着記事

    カテゴリー
    勉強用語集
    うちの子にあうかな? 限定特別クーポン

    Copyright © 2016 藤沢みらい塾 All Rights Reserved.