• トップ
  • >
  • よくある「苦手」の解決方法
  • >
  • 小学生算数の文章題ができない!を解決する……
  • 2018年06月28日 07時29分
    カテゴリー:よくある「苦手」の解決方法

    小学生算数の文章題ができない!を解決する方法

     

    小学校4年生くらいから徐々につまずきがでてくるのが「算数」ですね。特に多いのが「計算だけならできるけど、文章題になるとできない」というパターンです。

    「いま何を聞かれているのか?」が分からないというのは、聞かれている目的とそこまでのプロセスを整理できていないということです。文章題ができないと目的達成までに何が必要か?というのを考え整理する力がつかなくなります。

    では、どうすればいいのか?文章の中から必要な情報を見つけ、整理する文章理解力を身に着けるのが大事になります。この文章理解力はその他の教科、勉強全般で今後とても重要になります。

    それだけでなく、社会人になってからも様々な問題に直面した時にこの目標達成に必要なものを逆算する力はお子様にとって大きな支えとなってくれます。その最初のつまずきがあるなら、早めに解消していきたいですね。

    算数の文章題ができない2つの原因

    算数の文章題ができない原因は2つだけです。①なにを聞かれているのか?わからない ②条件を頭の中でイメージできない。ということです。もう少し解説しますね

    算数の文章題が苦手が原因①なにを聞かれているのか?分からない。

    文章題で大切なのは「要するに、何を聞かれているのか?」を見つけることです。文章題の中に必ず「~でしょうか?」という質問文・疑問文があります。算数の文章題が苦手なお子様は重要でない文章も頭にすべていれてしまって、質問文が見つけられていない。質問の区別がついていない、ということが原因の1つです。

    算数の文章題が苦手な原因②条件を頭の中でイメージできない

    何を聞かれているか?という質問をみつけた、次はその質問に答えるための材料(条件)を集めます。文章題の質問を一緒に見つけてあげても、固まってしまう。というお子様は条件文のイメージが頭の中に出来ず、どの式をあてはめて考えればいいのか分からないという状態です。

    算数の文章題を解く2つのコツ

    文章題が複雑になってくると、とにかく「情報を整理する」ということが非常に重要です。だから、文章題の苦手を解決する方法はいわゆる情報を整理する方法です。それは2つのコツ。「問題文に線を引く」「図にしてみる」です。

    算数の文章題を解くコツ①問題に線を引く

    まずは文章題の中にある「~でしょうか?」という質問を見つけて線をひきましょう。文章題を何も考えずに頭から読んでいては時間切れになります。文章題が出てきたら「なにを聞いているのか?」「質問はなんだろう?」ということをまず最初に見つけましょう。

    そして、その文章が出てきたら線をひきましょう。問題用紙にどんどん書き込むクセをつけます。

    算数の文章題を解くコツ②図にしてみる。

    よく、問題を見たまま手を動かさずじーっと悩んでいる子がいます。頭の中だけ考えるのは限界があります。問題文の中に出てくる登場人物と、その数などの条件を図にしてみましょう。

    図にすることで視覚的に理解できるため、解決方法が見えてきます。どんな問題でも、図で整理することから始めてみましょう。図にすべき条件が見つけられないという場合は、登場回数が多いものに注目するとよいでしょう。

    家庭での勉強サポート

    小学生の時期はとにかく勉強習慣を身に着けることが重要です。高学年になってくると、おうちの方も教え方に苦労する場面が増えてくると思います。ときにはイライラしてしまうことも・・・・

    こんなとき、お家の方は「教える人」にならなくてよいです。ぜひ「一緒に考える人」になってあげてください。教えようとするからできないときに不安からイライラしてしまったり焦ったりしてしまいます。

    そうではなく、一緒に問題に取り組む人になってあげるのがおすすめです。一緒に文章を読んで、「この問題ではなにを聞かれているのかな?」とか、図を一緒に書いたり、とサポートしてあげてください。

    それで、わからないことがあれば「じゃ、明日先生に聞いてきて答えをお母さんに教えてね」で大丈夫です。先生にわからないことはどんどん聞く!ということも小学生のうちから実践しておきたいことです。

    小数、分数などは中学からの数学の基礎となり、ここを分からないままにしていると中学生になってから苦労することになります。ぜひ、しっかり理解しておきましょう。

     

    藤沢みらい塾 塾長 山田勉

     

    速読について

    当塾の特徴

    当塾の特徴

    いま間違えるということを極端に恐れているお子様が増えています。
    しかし、間違えなければ理解を深めることはできません。

    どんどん間違えてほしい。だからこそ、本音で話せるような環境と生徒との距離感を大事にしています。

    そして、成績を上げることで「自分もできる!」と感じ、自信を持ってほしいと思っています。

    忙しいお母さんに大好評

    お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせはこちら ラインでもご質問受け付け中

    塾生専用

    自宅学習用ログイン画面は こちらをクリック

    自宅学習用ログイン

    理科・社会はこちらをクリック

    理科・社会はこちらをクリック
    2012年度 日本e-Learning大賞

    人気記事

    新着記事

    カテゴリー
    勉強用語集
    うちの子にあうかな? 限定特別クーポン

    Copyright © 2016 藤沢みらい塾 All Rights Reserved.